夏が近づくと、テレビや新聞、行政機関が「熱中症」と「脱水症状」の注意喚起を行います。
ビジネスマン向けのクールビズなど、様々な手法を使い認知度を上げる施策も行っています。
行政機関までもが注意を換気する熱中症や脱水症状。
実は、命を落とす危険のある怖い病気であるからなのですが、普段生活しているとあまり気にしていない事が多いのではないでしょうか。

高齢者の「脱水症状」その症状と予防ポイントについて

熱中症と脱水症状の違い、ご存じですか?
脱水症状は熱中症の症状の1つで、実は寒い冬にも起こる可能性があります。

「なんで寒い冬にも?」そう思いますよね。
高齢者は腎機能の低下、筋肉量の低下による体液の減少などの理由から特に脱水症状を起こしやすいのです。
※冬場の脱水症状は高齢者だけに限らずダイエット中の女性にも起こりやすい症状です。

その上、気温も上がり湿度も高くなるこれからの季節は更に体内から水分の抜けていく事が多くなります。
熱中症にならないためにも、まずは脱水症状の防止に努めましょう。

次回以降、主な症状と原因、予防のポイントをまとめます。

 

脱水症状は早期発見しましょう

こんな症状を見過ごしていませんか?
▶▶脱水症状で身体に起こる変化(シグナル症状)

高齢者に起こりやすい脱水症状の原因

原因を知ることで、水分補給の大切さを理解しましょう。
▶▶乾きに気づきにくくなるなど、高齢者特有の原因もあります。

高齢者の脱水症状、その予防ポイント

水分補給と住環境の見直しにポイントがあります。
▶▶昔ながらの生活習慣、見直が必要かもしれません。

脱水予防スペシャルドリンクの作り方

ポイントは必要な成分をしっかり補い排泄されにく事です。
▶▶簡単スペシャルドリンクのレシピ